残念な犬?パグ犬の上手なしつけ方!

残念な犬?パグ犬の上手なしつけ方!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ブルドッグによく似たパグ犬。

 

だけど、パグ犬って意外と頭も悪い上、嗅覚も優れていない残念な犬なんです。

 

しかし、頭は悪くともしつけはしていかなければいけません。

絶対に人間の食事を与えない事

当たり前じゃないかと仰る方も多いと思います。

 

しかし、家族の誰かがかわいさのあまり、私たちが食べているものを1回与えたとします。

 

その1回が命取りなんです。

 

その味を噛みしめ、欲が抑えられなくなってしまうのです。

 

実際に私たち家族に起きたことは、晩御飯の用意をしていたところ、お皿に盛りつけをしながら作っていたのですが、振り向くと食器に並べた食事がなくなっていたのです。

 

一瞬でした・・・。

 

それも、テーブルの下で一瞬にして早食いをし、美味かったと言わんばかりの顔をして、悪気すらもない態度に怒りを感じました。

 

それからは家族一団となり、犬へ人間の食べるものは与えないよう徹底しました。

同じ時間での散歩タイム

これも当たり前と思うでしょうが、犬にとって、お散歩とはトイレの時間でもあるのです。

 

飼い主さんが、「お散歩は今日はいいかな」と考えていると、犬も同じで、散歩があるからトイレはそれまで我慢している事あるんですよ。

 

実際、家にトイレを設置していないわけではないのですが、同じ時間に散歩をすることで、犬も外での縄張りがありますから、そちらでトイレを済ませてしまいます。

 

犬もちゃんと考えているのです。

 

散歩=トイレ」という意味合いだけではなく、飼い主さんとの楽しい楽しいひと時だと思います。

 

ですから、外で目一杯遊んであげるのです。

 

ただ、私の実家は田舎だから出来ただけかもしれませんが、都会に来てみると、犬が遊ぶのは家の中だけなのかもしれないと感じ、少し残念な気がしました。

たくさん話かけてあげる

犬と会話はできませんが、こちらの会話は理解しているのではないかと思います。

 

犬に話かける事で、喜怒哀楽を見せてあげることができます。

 

そうすると、犬が今飼い主さんはどういう気持ちでいるのかを理解する事が出来る気がしています。

 

特に、犬にしつけをする中で、「怒る」事があると思います。

 

普段から喜怒哀楽を見せていれば、「今怒られているんだ」、「自分は間違ったことをしてしまっているんだ」と感じるはずです。

 

喜怒哀楽を見せるのは演技程度でいいと思います。

1日1回のおやつタイム

人間は好きな時間に好きなものを食べれるのかもしれませんが、犬にとっては与えられたご飯を毎日同じものを食べ続けれければいけませんので、おやつの時間を設けてあげてます。

 

おやつをあげることで、補えていない栄養素を補ったり、違った食料を与える事で犬もすごく喜ぶと思います。

 

犬にとって飼い主さんは一番信頼のおける相手だからこそ、自分ばっかり良い思いをする事なく、犬にも平等にしてあげることを心がけています。

〜投稿者からのコメント〜

犬はペットではありません。家族の一員です。飼い主さんの都合で行動はして欲しくありません。飼い主さんも犬の気持ちになって考えてあげるようにしてください。

↓↓↓↓↓↓↓

関連ページ

良く言われている事ですが最初が肝心です!
古くから言われている事ですが、犬のしつけは最初が肝心です!
犬のしつけも言葉が大切!コミュニケーションの重要性
犬のしつけと言っても、やはり大事なのがコミュニケーションです。
ワンちゃんにご飯をあげる時に大事なしつけ
わんちゃんにとっても楽しみなお食事な時間についてのしつけについて書きました!
ワンちゃんのしつけに大事なポイントが、ダメな物はダメとはっきり言う事!
やはり可愛い愛犬ですから、甘やかしてしまいがちですが、ダメなものはダメとしっかり言わなければなりません!
人に迷惑をかけないしつけが出来れば犬も幸せ
やはり人に迷惑をかければ怒らなければいけませんし、しっかりとしたしつけをする事が犬も幸せなのです。
子犬時代からのしっかりとした躾をするのが大事
子犬時代からしっかりとした躾をしておくことで、より良いコミュニケーションが取れます。
我が家で行っている基本的なワンコ達のしつけ方法
我が家には3匹のパグがいるのですが、基本的に行っているワンコ達のしつけ方法について書いてみました。
ドッグトレーナーの資格を持つ私がトレーニングで気を付けている事
ドッグトレーナーの四角を持つ私が普段のトレーニングの際に気を付けている事を紹介しています。
困ったちゃんの柴犬がしつけ教室で生まれ変わりました
大人しいと思っていたのに、柴犬がかなりの暴れん坊でした。そんな困ったちゃんをしつけ教室に連れて行った話です。
ワンちゃんのしつけで後悔!後から気づいた「叱らなければよかったのに」
私が長年続けてきたしつけが間違っていたことに気付きました。叱らなければ良かったと後悔しています。
犬のしつけはただ叱れば良いという訳ではない
ワンちゃんのしつけは人それぞれではあると思いますが、ただ叱れば良いという訳ではないという事は確かな事だと思います。
愛犬と楽しく生活する為に必要な3つのしつけ
飼い犬とより良い生活を送る為に心掛けえている3つのしつけを紹介しています。食事の前に芸をさせたり、ドライヤーをかけたり等、1つ1つはとても小さな事ですが、信頼関係を持った主従関係を保つ上では必要な事を紹介してます。
犬のしつけで重要な主導権を握る方法
犬のしつけで重要なのは、主導権を握るという事であり、主導権を握る方法について書いています。
犬を叱る時は目を見ずに怖い声で叱りましょう
犬を叱る時は、犬に「叱られている」と思わせなければ意味がないのです。
愛犬に叱ると褒めるを適切に伝える為に
愛犬に叱る時と褒める時を適切に伝える為に出来る事を考えてみました。
犬のしつけに重要なのはリーダーになる事
しつけとして重要なのは、リーダーになる事です。しっかりとしたリーダーシップを発揮しましょう。