犬のしつけはただ叱れば良いという訳ではない

犬のしつけはただ叱れば良いという訳ではない

このエントリーをはてなブックマークに追加   

我が家ではトイプードルを飼っています。

 

飼い始めてまだ1年も経っていませんが、実践しているしつけの方法があります。

噛みついてきた時、悪戯をした時の叱り方

噛みついてきた場合は両あごを持って、必要以上の力を入れずに口を閉じさせて、普段より低い声で叱るようにします。

 

噛んだら口を閉じられて怒られるんだ、と覚えるさせる為です。

 

また、悪戯をしてしまった場合、例えば、紙をぐちゃぐちゃにしてしまった場合は紙の前で、犬の両頬を掴みつつ、これもまた低い声で叱るようにしています。

 

うちは小型のトイプードルなので頬は掴みにくいですが、これも必要以上の力を入れずに掴みます。

トイレのしつけ

トイレ以外のところにおしっこやフンをしてしまった場合は、犬の首根っこを片手で強く動けない程度に押さえつけて、その場所に指を指しつつ、低い声で叱るようにします。

 

しかし、トイレから少しはみ出してしまった場合は、あまり怒らないようにしています。

 

この場所にトイレをしてはいけないのか、と勘違いしてしまう可能性があると思うからです。

 

飼い始めてから1年も経っていませんが、とにかく小さいうちから噛みついてきた時、トイレ以外の場所にしてしまった時にしっかり叱る事を実践すれば、やたら噛みついてくる事も、トイレ以外の場所でおしっこなどをしてしまうというミスもかなり少なくなりました。

分からなくても犬の目線になって考える

叱る事ばかり書いてしまいましたが、叱った後は頭を撫でてあげたり、抱っこをしてあげるなりして、叱るのも愛情から、だという事を表現するようにしています。

 

人間が犬の気持ちを理解するのは難しいように、犬も人間の気持ちを理解するのは難しい事だと思います。

 

押さえつけられたり、低い声で怒られてしまったり、犬もなぜ怒られているか、飼い主側としても怒られている事を理解しているのかという事を理解するのは難しい事です。

 

不安や恐怖でいっぱいかもしれない中、それでも一生懸命覚えようとしてくれている、そう思って叱ったり甘えさせてあげています。

 

失敗というのはあくまで我々人間からの目線です。

 

いくら失敗してしまっても犬の気持ちも知ろうとする事、それが難しい事であっても大事だと感じました。

 

犬をしつける、という事だけでなく、飼い主側も自分が飼っている犬がどう感じているのかをより客観的に見る事ができれば、犬の方もどんどん理解してくれるのではないかと感じました。

〜投稿者からのコメント〜

我が家のしつけの仕方だけでなく、人間の言う事を聞いてくれている犬は何を感じているのだろう?そういった事を飼い主の皆様に改めて考えてもらえるような事を記事後半に書かせて頂きました。

↓↓↓↓↓↓↓

関連ページ

良く言われている事ですが最初が肝心です!
古くから言われている事ですが、犬のしつけは最初が肝心です!
犬のしつけも言葉が大切!コミュニケーションの重要性
犬のしつけと言っても、やはり大事なのがコミュニケーションです。
ワンちゃんにご飯をあげる時に大事なしつけ
わんちゃんにとっても楽しみなお食事な時間についてのしつけについて書きました!
ワンちゃんのしつけに大事なポイントが、ダメな物はダメとはっきり言う事!
やはり可愛い愛犬ですから、甘やかしてしまいがちですが、ダメなものはダメとしっかり言わなければなりません!
人に迷惑をかけないしつけが出来れば犬も幸せ
やはり人に迷惑をかければ怒らなければいけませんし、しっかりとしたしつけをする事が犬も幸せなのです。
子犬時代からのしっかりとした躾をするのが大事
子犬時代からしっかりとした躾をしておくことで、より良いコミュニケーションが取れます。
我が家で行っている基本的なワンコ達のしつけ方法
我が家には3匹のパグがいるのですが、基本的に行っているワンコ達のしつけ方法について書いてみました。
ドッグトレーナーの資格を持つ私がトレーニングで気を付けている事
ドッグトレーナーの四角を持つ私が普段のトレーニングの際に気を付けている事を紹介しています。
困ったちゃんの柴犬がしつけ教室で生まれ変わりました
大人しいと思っていたのに、柴犬がかなりの暴れん坊でした。そんな困ったちゃんをしつけ教室に連れて行った話です。
ワンちゃんのしつけで後悔!後から気づいた「叱らなければよかったのに」
私が長年続けてきたしつけが間違っていたことに気付きました。叱らなければ良かったと後悔しています。
愛犬と楽しく生活する為に必要な3つのしつけ
飼い犬とより良い生活を送る為に心掛けえている3つのしつけを紹介しています。食事の前に芸をさせたり、ドライヤーをかけたり等、1つ1つはとても小さな事ですが、信頼関係を持った主従関係を保つ上では必要な事を紹介してます。
犬のしつけで重要な主導権を握る方法
犬のしつけで重要なのは、主導権を握るという事であり、主導権を握る方法について書いています。
犬を叱る時は目を見ずに怖い声で叱りましょう
犬を叱る時は、犬に「叱られている」と思わせなければ意味がないのです。
愛犬に叱ると褒めるを適切に伝える為に
愛犬に叱る時と褒める時を適切に伝える為に出来る事を考えてみました。
残念な犬?パグ犬の上手なしつけ方!
意外と頭が悪い上に、嗅覚も優れていない残念なパグ犬の上手なしつけ方について紹介します!
犬のしつけに重要なのはリーダーになる事
しつけとして重要なのは、リーダーになる事です。しっかりとしたリーダーシップを発揮しましょう。