人に迷惑をかけないしつけが出来れば犬も幸せ

人に迷惑をかけない躾をすることが犬の幸せです

このエントリーをはてなブックマークに追加   

始めて犬を飼う、というより家族の一員として迎えようと思った時、大型犬か小型犬か迷いました。

 

私はずっとラブラトールレトリバーやダルメシアンのような大型犬に憧れていたのです。

 

でも犬の扱いに慣れていない人間が大型犬を飼って果たして上手に躾けられるだろうか、人に迷惑をかけてしまうことになったら、と考えて小型犬にしました。

 

小型犬なら多少、やんちゃな性格になっても何とか制御出来るだろうと思ったからです。

 

小型犬にも犬種ごとに性質が違いますから、躾のしやすい犬やマイペースな犬、自己主張の強い犬など、犬の本を見ながらさんざん考えて、キャバリアキングチャールズスパニエルに決めました。

 

性格が穏やかで気立てが良く、無駄吠えもせず躾がしやすいということでした。

躾がしやすいお利口なキャバリア

うちに来たキャバリアの女の子はまさしく気立てが良く躾もしやすい犬でした。

 

一番大切なことだと思っている人に迷惑をかけない躾は少しも苦労せずに出来ました。

 

元々吠えない犬でしたし、散歩に行く時には「おすわり」「待て」「だめ」をすぐに覚えてくれました。

  • 自分の名前を呼ばれたらすぐに来る
  • 信号待ちなどの時には「待て」と声がければ静かに待つ
  • 拾い食いなどをしそうになったら「だめ」と言えばやめる
  • 人に向かって吠えない

この躾がしっかり出来ていれば犬も人間も楽しく散歩が出来ます。

 

キャバリアの女の子は大人しい性格でしたが遊び好きで、広い草原に出ればリードにつながずに走り回らせました。

 

なかなか帰りたがらないぐらい活発に遊んでいましたが名前を呼んで帰るよと言うと、ちゃんと解ってくれる子でした。

可愛くてお利口だけど無駄吠えの多いうちのダックス

犬の躾に自信を持ったので2匹目にミニチュアダックスの女の子を迎えました。

 

キャバリアより小さい子でしたが、この子で躾の大変さを思い知らされました。

 

ダックスには無駄吠えをする子が少なからずいるとは知っていましたが、この子は無駄吠えがどんなに叱っても止められない子です。

 

玄関でピンポーンとなっては吠え、電話がなっては吠え、テレビに犬が出て吠えれば吠え、散歩に行けば吠え、おばあさんが歩いていると吠え、赤ちゃんが乗っているベビーカーに吠えです。

 

無駄吠えを止めさせる方法をいろいろ調べて試してみました。

 

小型犬の女の子の弱虫は、吠えることで自分の弱さを補っているそうで「吠えなくても大丈夫だよ」と知らせることが大切とのことです。

 

しかし、結局どれも上手くいきませんでした。

 

吠えたらその都度叱って止めさせるということしかないです。

 

なるべく吠えても人に迷惑をかけないようなところに散歩に行くということです。

人間が食事をしている時は静かにテーブルの下で待つ

犬の食事は、人間が食べ終わった後に与えるのが基本的な躾のようですが、我が家では人間より先に犬にドックフードを食べさせています。

 

人間が食べている時はテーブルの下で待つかケージの中に入って待つようにさせています。

 

これは仔犬の時からきびしく躾けたので、キャバリアもダックスもともに出来ています。

 

家族の誰かひとりでも、そのルールを破って食事中にちょっとでも食べ物を与えたりすると、犬も例外があるんだと気づいてしまいますから、これは絶対的なルールです。

 

その代わり食事が終わったら、犬用のおやつをあげています。

 

それを楽しみに静かに待っているようです。

 

むやみに人間の食べ物を食べさせないことは、可愛い愛犬の健康で長寿の犬生を全うさせるうえでは大切なことです。

 

散歩で人に迷惑をかけない躾と食事の躾、この二つを躾のしやすい仔犬から二歳ぐらいまでにしっかり躾ければ、犬も人間も幸せに暮らせると思います。

〜投稿者からのコメント〜
犬の躾の一番大切なことは人に迷惑をかけないで散歩が出来る躾です。名前を呼ばれたら来る、おすわりが出来る、「待て、だめ、良し」の言葉が解る、無駄吠えをしないなどです。人に迷惑をかけずに散歩が出来ると人間も犬も楽しく幸せに暮らせます。二番目に大切なことは人間が食事をしている時はテーブルの下で静かに待つ、むやみに人間の食べている物を欲しがらない、それが犬の健康と長寿には大切なことです。

↓↓↓↓↓↓↓

関連ページ

良く言われている事ですが最初が肝心です!
古くから言われている事ですが、犬のしつけは最初が肝心です!
犬のしつけも言葉が大切!コミュニケーションの重要性
犬のしつけと言っても、やはり大事なのがコミュニケーションです。
ワンちゃんにご飯をあげる時に大事なしつけ
わんちゃんにとっても楽しみなお食事な時間についてのしつけについて書きました!
ワンちゃんのしつけに大事なポイントが、ダメな物はダメとはっきり言う事!
やはり可愛い愛犬ですから、甘やかしてしまいがちですが、ダメなものはダメとしっかり言わなければなりません!
子犬時代からのしっかりとした躾をするのが大事
子犬時代からしっかりとした躾をしておくことで、より良いコミュニケーションが取れます。
我が家で行っている基本的なワンコ達のしつけ方法
我が家には3匹のパグがいるのですが、基本的に行っているワンコ達のしつけ方法について書いてみました。
ドッグトレーナーの資格を持つ私がトレーニングで気を付けている事
ドッグトレーナーの四角を持つ私が普段のトレーニングの際に気を付けている事を紹介しています。
困ったちゃんの柴犬がしつけ教室で生まれ変わりました
大人しいと思っていたのに、柴犬がかなりの暴れん坊でした。そんな困ったちゃんをしつけ教室に連れて行った話です。
ワンちゃんのしつけで後悔!後から気づいた「叱らなければよかったのに」
私が長年続けてきたしつけが間違っていたことに気付きました。叱らなければ良かったと後悔しています。
犬のしつけはただ叱れば良いという訳ではない
ワンちゃんのしつけは人それぞれではあると思いますが、ただ叱れば良いという訳ではないという事は確かな事だと思います。
愛犬と楽しく生活する為に必要な3つのしつけ
飼い犬とより良い生活を送る為に心掛けえている3つのしつけを紹介しています。食事の前に芸をさせたり、ドライヤーをかけたり等、1つ1つはとても小さな事ですが、信頼関係を持った主従関係を保つ上では必要な事を紹介してます。
犬のしつけで重要な主導権を握る方法
犬のしつけで重要なのは、主導権を握るという事であり、主導権を握る方法について書いています。
犬を叱る時は目を見ずに怖い声で叱りましょう
犬を叱る時は、犬に「叱られている」と思わせなければ意味がないのです。
愛犬に叱ると褒めるを適切に伝える為に
愛犬に叱る時と褒める時を適切に伝える為に出来る事を考えてみました。
残念な犬?パグ犬の上手なしつけ方!
意外と頭が悪い上に、嗅覚も優れていない残念なパグ犬の上手なしつけ方について紹介します!
犬のしつけに重要なのはリーダーになる事
しつけとして重要なのは、リーダーになる事です。しっかりとしたリーダーシップを発揮しましょう。