子犬時代からのしっかりとした躾をするのが大事

基本的なトイレの覚えさせ方

このエントリーをはてなブックマークに追加   

犬を飼ってるとどうしても「トイレ」について悩まれる方けっこういませんか?

 

特定の場所に新聞を敷いて、そこでトイレをすれば褒める、そこ以外ですると叱るという方法、正直これ全然ダメです。

 

これをやっても犬は何故褒められているのか、叱られているのかが理解できていません。

 

というかこの方法ですと犬が「トイレすると怒られる」と勘違いして、トイレを限界まで我慢して健康に良くないですし、生理現象を我慢させてしまっているので精神的にも良くありません。

 

でもこれ、簡単に覚えさせる方法があります。

 

檻です。

 

我が家では子犬時代からずっと同じ檻がありますが、寝る時や家族が家にいない時等、必ず檻に閉じ込めておくんです。

 

その際に必ず、いつトイレしてもいいように新聞を敷いて上げておきます。

 

するともちろん、檻に閉じ込められている時にトイレがしたくなったら犬はそこでそのままします。

 

又、閉じ込めていない時は、定期的に犬が排泄する時間帯(食事後等)、もしくは「トイレかな?」と思ったら必ず檻に入れて「ここでしなさい」と言って排泄するまで見守って上げます。

 

このように習慣付けておけば、必ず犬はその新聞の敷かれた檻がトイレなんだと認識してくれます。

 

ただ、これでもたまに違う場所でトイレをしてしまう時がありますが、その時は「そこじゃないでしょ!」と大き目の声で叱り、飼い主は怒っているんだという印象を与え(※叱る際には絶対に叩いたりはしません、怒っているんだという印象を与えるだけ)、すぐに檻に入れてしばらく閉じ込めます。

 

これだけで完璧にトイレの場所を覚えてくれます。

 

ちなみにうちでは10匹以上の犬を飼ってきましたが、この方法でどの子も必ずトイレを覚えてくれました。

叱る方法も工夫する

前述にも書きましたが犬を叱る時には絶対に叩かないようにしています。

 

大き目の声で叱り「怒っているんだぞ」という”印象”を与えるだけで十分に伝わっているからです。

 

叩いてしまうと犬は萎縮してしまいますし、下手すると飼い主が恐怖の対象として見られてしまい、何をする、させるにもオドオドしてしまいただただ”怖い”だけになり躾どころではなくなってしまいます。

 

なにより飼い主と犬とのより良いコミュニケーションが築けなくなります。

 

もちろん「飼い主>犬」という絶対的な力関係は維持しなくてはいけませんので甘やかし過ぎもダメですが、だからといって厳し過ぎもいけないと心がけています。

 

普段はたくさんじゃれ合って可愛がりますが、叱る時は印象でめいっぱい叱る、これが飼い主と犬とのより良いコミュニケーションだと思っています。

 

やはり犬も大切な家族ですから。

〜投稿者からのコメント〜
私独自の犬にトイレの場所を確実に覚えさせる方法と躾の際の叱り方について気を付けている事です。躾に必死になって犬から”恐怖の対象”として見られていませんか?力関係を維持しようとやり過ぎになっていませんか?

↓↓↓↓↓↓↓

関連ページ

良く言われている事ですが最初が肝心です!
古くから言われている事ですが、犬のしつけは最初が肝心です!
犬のしつけも言葉が大切!コミュニケーションの重要性
犬のしつけと言っても、やはり大事なのがコミュニケーションです。
ワンちゃんにご飯をあげる時に大事なしつけ
わんちゃんにとっても楽しみなお食事な時間についてのしつけについて書きました!
ワンちゃんのしつけに大事なポイントが、ダメな物はダメとはっきり言う事!
やはり可愛い愛犬ですから、甘やかしてしまいがちですが、ダメなものはダメとしっかり言わなければなりません!
人に迷惑をかけないしつけが出来れば犬も幸せ
やはり人に迷惑をかければ怒らなければいけませんし、しっかりとしたしつけをする事が犬も幸せなのです。
我が家で行っている基本的なワンコ達のしつけ方法
我が家には3匹のパグがいるのですが、基本的に行っているワンコ達のしつけ方法について書いてみました。
ドッグトレーナーの資格を持つ私がトレーニングで気を付けている事
ドッグトレーナーの四角を持つ私が普段のトレーニングの際に気を付けている事を紹介しています。
困ったちゃんの柴犬がしつけ教室で生まれ変わりました
大人しいと思っていたのに、柴犬がかなりの暴れん坊でした。そんな困ったちゃんをしつけ教室に連れて行った話です。
ワンちゃんのしつけで後悔!後から気づいた「叱らなければよかったのに」
私が長年続けてきたしつけが間違っていたことに気付きました。叱らなければ良かったと後悔しています。
犬のしつけはただ叱れば良いという訳ではない
ワンちゃんのしつけは人それぞれではあると思いますが、ただ叱れば良いという訳ではないという事は確かな事だと思います。
愛犬と楽しく生活する為に必要な3つのしつけ
飼い犬とより良い生活を送る為に心掛けえている3つのしつけを紹介しています。食事の前に芸をさせたり、ドライヤーをかけたり等、1つ1つはとても小さな事ですが、信頼関係を持った主従関係を保つ上では必要な事を紹介してます。
犬のしつけで重要な主導権を握る方法
犬のしつけで重要なのは、主導権を握るという事であり、主導権を握る方法について書いています。
犬を叱る時は目を見ずに怖い声で叱りましょう
犬を叱る時は、犬に「叱られている」と思わせなければ意味がないのです。
愛犬に叱ると褒めるを適切に伝える為に
愛犬に叱る時と褒める時を適切に伝える為に出来る事を考えてみました。
残念な犬?パグ犬の上手なしつけ方!
意外と頭が悪い上に、嗅覚も優れていない残念なパグ犬の上手なしつけ方について紹介します!
犬のしつけに重要なのはリーダーになる事
しつけとして重要なのは、リーダーになる事です。しっかりとしたリーダーシップを発揮しましょう。