愛犬と楽しく生活する為に必要な3つのしつけ

愛犬と楽しく生活する為に必要な3つのしつけ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

我が家では現在、チワックスのメス2歳と日本猫のメス11か月と、共同生活をしています。

 

2匹共、手間のかからない良い子に成長してくれましたが、最初から良い子ではありませんでした。

 

今回は、犬をしつける上で心掛けている事を紹介します。

イケナイ事をしてしまった時は、叱るのではなく、教える

犬と生活を共にしていると、飼い主が教えた事を実行し続ける事は難しいと実感させられる場面が多々あります。

 

例えば、いつもはトイレを決められた場所で出来ているのに、お客さんが訪ねてきたり等、いつもと違う環境になってしまうと出来なくなってしまう事があります。

 

飼い始めて間もない頃は、しつけ本に書かれていた通り、大きな音を出だしたり、目をまっすぐに見つめて叱っていました。

 

幼少期は、それでも飼い主の言う事を聞いて、誰からも好かれる犬に成長しましたが、1歳を過ぎた辺りから、それでは聞き入れてくれなくなってしまいました。

 

今思えば、犬の1歳は大人ですから、子供の頃と同じ態度をしていたら、犬だって良い気はしません。

 

私が少女から大人に変わって行く際、親に子供扱いされる事が嫌で、親の言う事を中々聞き入れない時期がありました。

 

それと同じ様に、犬にもその様な時期があるのだと思う様にして、犬がイケナイ事をしてしまった際には、幼少期の様に叱るのではなく、いつも通りの心持で、犬に言い聞かせる様に教える事にしました。

 

すると、犬も素直に私の話を聞き入れ、良い犬として生活を送る様になりました。

 

その為、犬を脅かしたり、押さえ付ける様な飼育はしない様に心掛けています。

1度教えた芸は食事の前に実践させる

犬が幼少の頃、私は「お手」、「お座り」等、基本的な芸を教えました。

 

犬はきちんと芸を覚えました。

 

しかし、半年後に同じ事をさせようとしたら忘れていました。

 

その為、一度教えた事は決して忘れさせない為に、食事や散歩等、毎日欠かさずする事とセットにする事にしました。

 

芸そのものを忘れてしまう事は大した問題ではないのですが、しない事、できない事を良しとしてしまうと、人間に対し大きな態度をしてしまう事があるので、こうして犬に行動に移させる事を心掛けえいます。

嫌いな事でも我慢させる

犬が幼少の頃は、ペットだからという理由でお風呂上りのドライヤーや、犬同士の交流を持たせる等、嫌がる事はさせませんでした。

 

しかし、何でも言う事を聞いていると犬は増長し、私1人では聞き入れきれない程の我儘を言い出す様になってしまいました。

 

この様になってしまうと、飼い主に嫌われ、犬はかわいそうになってしまいます。

 

その為、嫌われてしまう前に、私は犬の我儘を何1つ聞き入れなくなりました。

 

すると、犬は我儘を言わなくなりました。

 

今でも、犬同士の交流は嫌がりますが、中には相性の良い犬もいる様なので、この位の事にはあまり口出しはしません。

 

生後半年位までは、しつけ本の通りに育てていると良い子に育ってくれますが、それを過ぎてしまうと、自我が出てきて、本に書いてある事と誤差が生じてきました。

 

一生のお付き合いになる相手ですから、ある程度は相手のペースに合わせてあげる事が大事だと、犬をしつけてみて実感しました。

 

犬にも感情がある事を心掛けてしつけをする事がとても大切です。

 

皆さんの参考になりましたら、幸いです。

〜投稿者からのコメント〜

飼い犬とより良い生活を送る為に心掛けえている3つのしつけを紹介しています。食事の前に芸をさせたり、ドライヤーをかけたり等、1つ1つはとても小さな事ですが、信頼関係を持った主従関係を保つ上では必要な事を紹介してます。

↓↓↓↓↓↓↓

関連ページ

良く言われている事ですが最初が肝心です!
古くから言われている事ですが、犬のしつけは最初が肝心です!
犬のしつけも言葉が大切!コミュニケーションの重要性
犬のしつけと言っても、やはり大事なのがコミュニケーションです。
ワンちゃんにご飯をあげる時に大事なしつけ
わんちゃんにとっても楽しみなお食事な時間についてのしつけについて書きました!
ワンちゃんのしつけに大事なポイントが、ダメな物はダメとはっきり言う事!
やはり可愛い愛犬ですから、甘やかしてしまいがちですが、ダメなものはダメとしっかり言わなければなりません!
人に迷惑をかけないしつけが出来れば犬も幸せ
やはり人に迷惑をかければ怒らなければいけませんし、しっかりとしたしつけをする事が犬も幸せなのです。
子犬時代からのしっかりとした躾をするのが大事
子犬時代からしっかりとした躾をしておくことで、より良いコミュニケーションが取れます。
我が家で行っている基本的なワンコ達のしつけ方法
我が家には3匹のパグがいるのですが、基本的に行っているワンコ達のしつけ方法について書いてみました。
ドッグトレーナーの資格を持つ私がトレーニングで気を付けている事
ドッグトレーナーの四角を持つ私が普段のトレーニングの際に気を付けている事を紹介しています。
困ったちゃんの柴犬がしつけ教室で生まれ変わりました
大人しいと思っていたのに、柴犬がかなりの暴れん坊でした。そんな困ったちゃんをしつけ教室に連れて行った話です。
ワンちゃんのしつけで後悔!後から気づいた「叱らなければよかったのに」
私が長年続けてきたしつけが間違っていたことに気付きました。叱らなければ良かったと後悔しています。
犬のしつけはただ叱れば良いという訳ではない
ワンちゃんのしつけは人それぞれではあると思いますが、ただ叱れば良いという訳ではないという事は確かな事だと思います。
犬のしつけで重要な主導権を握る方法
犬のしつけで重要なのは、主導権を握るという事であり、主導権を握る方法について書いています。
犬を叱る時は目を見ずに怖い声で叱りましょう
犬を叱る時は、犬に「叱られている」と思わせなければ意味がないのです。
愛犬に叱ると褒めるを適切に伝える為に
愛犬に叱る時と褒める時を適切に伝える為に出来る事を考えてみました。
残念な犬?パグ犬の上手なしつけ方!
意外と頭が悪い上に、嗅覚も優れていない残念なパグ犬の上手なしつけ方について紹介します!
犬のしつけに重要なのはリーダーになる事
しつけとして重要なのは、リーダーになる事です。しっかりとしたリーダーシップを発揮しましょう。