愛犬が咳でコホコホしていたら?ケンネルコフの概要と対処法

愛犬が咳でコホコホしていたら?ケンネルコフの概要と対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加   

愛犬がケンネルコフから気管支炎に感染しました。

気づいたきっかけ

初めは軽い咳でコホコホという咳をしていました。

 

この咳が気づくきっかけとなりました。

 

子供がする咳と比較し、とても軽い音です。

 

初めての子犬の飼育という事もあり、不安で直ぐに病院に連れて行きました。

 

病院では抗生剤を与えられ、「ケンネルコフですね、様子見しましょう」と、一回目は診断されました。

 

薬の投与は、朝晩でした。

 

数日経ち、咳の質がコホコホからゴホゴホヒューケッケッケケッと深く、老人の様な咳に変化しました。

 

これはもう、様子見では駄目だと再度病院に連れて行きました。

 

肺炎の手前、気管支炎にまで進行していました。危うく入院の所まで来ていました。
ケンネルコフの対処法は、

  1. ネブライザー療法(吸入機)
  2. 投薬
  3. 加湿(空気清浄機の購入)

上記の通りでした。

 

ネブライザー療法は、人でいう吸入機になります。

 

犬は管を通してじっとしておく訳にはいかないので、箱の中に入れられて、15分程霧状の薬剤を浴びます。

 

ミストサウナの様です。

 

生後2ヶ月だったので、初めは不安で、ネブライザーに入っては吠え、おしっこもしてしまっていた様子です。

 

お医者様曰く、ネブライザーは入れば入るだけ回復が早くなるとの事で、1週間は毎日連れて行きました。

 

購入した、ペットショップ提携の動物病院でケンネルコフが発覚し、その病院は施設もよく整っていました。

 

ただ、車で20分先にあり、閉院が19時。

 

仕事の帰宅が18時15分になります。

 

渋滞が起こりやすい道でもあり、帰宅後即犬を抱え連れて行く事が本当に、私自身がしんどい思いをしました。

 

住まいの近隣(東大阪、大阪市鶴見区)に、動物病院はたくさん有るので、吸入機だけでもと考え、電話で5件程問い合わせましたが、あいにくどの施設も持ち合わせていませんでした。

 

ネブライザーがある病院は少ないんだと感じました。

 

ネブライザーは1回15分1200円でした。

 

生体保証期間であったため、医療費が100パーセント返金という事もあり、レントゲンで肺や気管支の様子も都度診察して頂き、ケンネルコフの総医療費は42000円でした。

 

ケンネルコフは、長いと1ヶ月以上咳が続く子も居るそうです。

 

ネブライザー療法に切り替えてからは劇的に咳も治まり、10日程で咳は完全に消えました。

 

あの咳を1ヶ月以上続かせるのは不憫で仕方ないとの思いと、お金が全額返金されるのも有りましたので、1週間しんどいながらも頑張れた気がします。

 

投薬は、ネブライザー療法に変わってから、より強い抗生剤を朝晩に投与しました。

 

うちの子はお薬が好きな様子で、冷蔵庫からお薬を出して来ると、尻尾を振って飲みに来ました。

空気清浄機を購入しておきましょう

やはりお医者様が、「綺麗な空気と、加湿が1番です」とお話しされ、空気清浄機の購入を決定しました。

 

丁度、主人のアレルギーも酷い時期だったので良いきっかけになりました。

 

加湿が大切との事だったので、洗濯物も部屋干しにしていました。

 

目に見える効果は実感できませんが、ケンネルコフの回復期と合わせて購入したので、結果としては良かったのかな、と今になって感じております。

〜投稿者からのコメント〜

購入したダックスフンド2カ月が、ケンネルコフ(人間で言う風邪、気管支炎)に感染しました。ショップにお泊まりしていた日に、ウンチを踏んでしまい、ショップの方が親切心でシャンプーをして下さった後の冷えと、ショップの環境が原因でした。

↓↓↓↓↓↓↓

関連ページ

我が家の愛犬が最初で最後の大病に
我が家の愛犬が異変を起こしており、実は大病だったという話です。
犬の心臓病と腎不全の壮絶な闘いの記録
愛犬の心臓病と腎不全と言う、人間でも壮絶な戦いを記します。
愛犬の目の中に影を発見、原因不明の硝子体出血
何気なく写真を眺めていると、右目の中に影を発見・・・?
愛犬が心タンポナーゼと診断された時のお話
人間でも病状としてある心タンポナーゼと診断されてしまった愛犬のお話です。
愛犬の臨終に立ち会ってやれず号泣!
愛犬の臨終に立ち会ってあげる事が出来ずに号泣してしまった話です。
我が家のわんこが生死にかかわる怪我をして
愛犬は大事な家族ですが、精子に関わる怪我をしてしまった時の話です。
愛犬がてんかんになってしまった時、私がやった行動まとめ
我が家の愛する愛犬がてんかんになってしまった時、私がやった行動についてまとめました。
柴犬(メス)12歳が子宮と膣を摘出した時の話です
我が家の愛犬である柴犬(メス)が12歳の時、突然ご飯を食べなくなったところから始まった話です。
我が家の愛犬がお尻の病気に掛かった時の話
我が家の愛犬がお尻をしきりに舐めていたのに気付いていたのに、病院に連れて行くのが遅れてしまった分悪化してしまったのです。
犬の癌と呼ばれている肥満細胞腫になった愛犬の話
我が家の愛犬が、犬の癌とも呼ばれている肥満細胞腫になってしまった時の話についてです。
愛犬の胃腸炎の原因と対処法について
愛犬が下痢してしまったり、ご飯も食べずぐったりしてしまっている場合は、胃腸炎の可能性があります。
愛犬が3回病気に掛かった時に何を言いたかったのだろうか?
私が飼っていた愛犬は3回の病気に掛かってしまいましたが、どんな事を思っていたのでしょうか。
愛犬のコーギーが左脳の癌に掛かってしまった時の話
我が家の愛犬コーギーが左脳の癌に掛かってしまった時の闘病生活について書きました。
小型犬は夏バテから胃腸炎に繋がる可能性があるので注意が必要
小型犬はデリケートなので、夏は特に注意が必要です。しっかり体調を見ていてあげましょう。
ラブラドールレトリバーの後ろ脚および股関節の痛みに対する対処法
愛犬のラブラドールレトリバーが脚の痛みを訴えているのに気付き、そこからどう対処したのかを書きました。
愛犬がご飯を食べない!お腹もゴロゴロ苦しそう!
我が家の愛犬がお腹を壊し、苦しんでいる時にやった事などをまとめました。
愛犬が子宮蓄膿症の病気を患った時にした事
愛犬が子宮蓄膿症に掛かった時の緊急対処法と手術について書きました。